上京 看護師求人 失敗

上京看護師求人での失敗

新卒の看護師は特に、独身の内は都内の大病院で働いてみたいと言う方が多いと思います。

 

その証拠に「上京看護師」や「首都圏応援ナース」などの求人が沢山見られます。

 

私もまだ独身だった頃は、都内で働いてみたいと首都圏応援ナースをした事があります。

 

上京したい看護師の失敗例は沢山見てきました。

 

やはり、首都圏には沢山の病院が集まっていますし、短期間での看護師求人をしている病院はハードだったり看護師の定着率が悪い病院が多いので、せっかく上京しても続かなくて辞めてしまう方が多いそうです。

 

私は半年間の限定で都内の大学病院で働きましたが、これはもう大変な経験でした。

 

病院のホームページで求人を探して就職をしたのですが、私が勤務していた都内の大学病院は求人内容と実際の内容が全く違っていてとてもショックを受けました。

 

求人内容では、残業少なめ・休日多め・厚待遇など魅力的な事が沢山書かれていましたが、実際には勤務はハードで私が勤めていた半年の間にも辞めていく看護師が何名かいたほどでした。

 

病院のホームページの内容からは、その病院の勤務の大変さや職場の雰囲気等は分かりませんから、働く前に確かめる事は難しいですよね。

 

転職や就職の際に失敗しない為には、求人情報サイトに登録するのが一番だと思います。

 

求人情報サイトでは、業務の大変さ・平均の残業時間・職場の人間関係や雰囲気・スタッフの離職率と離職理由などを詳しく代行して調べてくれますので、とての安心出来ると思いますよ。